福島第一原子力発電所の事故をきっかけに、群馬からも脱原発の流れを作ろうと動き始めました。 高崎で500人、前橋で1000人、桐生で200人とデモを行い、広瀬隆さんを招いての講演会も開催。2012年3月11日の脱原発アクションでは2500人の参加者で集会、デモを行いました。THE ATOMIC CAFE in GUNMA、毎週金曜日の高崎駅西口での原発再稼働抗議行動も一緒に企画しています。子ども、主婦、農家、サラリーマン、プータロウ、各種団体の方々とごちゃまぜで活動してます。政党、思想、宗教、いろんな垣根を越えて「脱原発」で繋がりあえたらと思っています。

2012年01月30日

“CORE FESTIVAL” vol2 〜つながりを知ろう〜

地球環境とARTの融合を群馬から発信する“CORE FESTIVAL”というイベントで、
THE ATOMIC CAFEを開きます!
ライブ、フリーマーケット、酵素作りなどなど盛り沢山なイベント。
お一人、友達、恋人、家族で環境の事を考えながら、みんなでつながりっこしましょー。

2012年2月19日(SUN)

“CORE FESTIVAL” vol2 〜つながりを知ろう〜

場所:前橋国際交流広場

advance 1,500yen
door 2,000yen

(※マーケットは屋外の広場で開催していますので入場料はかかりません)

MARKET 10:00〜16:00

LIVE 16:30〜19:00

[GUEST LIVE]
■COMA-CHI

歌とラップを自在に操り、雑多な音楽の上を独特の歌詞世界とフロウで縦横無尽に乗りこなすシンガーソングライター。
中学時代よりロックバンドやアコースティックギターの弾き語りなどから独学で音楽活動を開始。15歳でHIPHOPと出会い、“ラップ”という表現方法を身につけるとその噂は瞬く間にJAPANESE HIPHOP界に広がり客演オファーが殺到、日本語ラップ界のNo.1女性MCとの賞賛を受けるようになる。

2006年にインディーズアルバム「DAY BEFORE BLUE」を発表したのち、2009年にはメジ
ャー1stアルバム「RED NAKED」をリリース。翌2010年に発売された2ndフルアルバム「B
eauty or the beast?」では、ラップだけでなくその歌唱力にも話題が集まる。
2011年、「よりファンとの密接な関係を作る密室」をコンセプトに自身のマネジメント
コントロール「Queen's room」を設立。
ジャンルや国籍、様々な垣根を飛び越えた自由な創作活動をスタートさせた。

■Round Table Recordings

群馬を拠点に県内外でじんわりと活動を続ける男たち。そのアルティメットなメンバーによる一つの調和は、日本特有の多様性を柔軟に受け止めた結果の産物といえよう。それぞれがHIPHOPやあらゆる音楽に出会ったことで生じたある種の化学反応は、今もなお着実にその根を延ばし続けている。


[DJ]
・yupamiralda
・Mahgary

[LIVE PAINT]
・the SASS wear
        and more...

[MARKET](※マーケットは屋外の広場で開催していますので入場料はかかりません)

〜food〜
・monsoon donuts
・MountSpoon
・ジャム猫
・Somaryanila
・Kaffa
・三喜屋
・nuan
・天空劇場

〜goods〜
・YAN☆YAN
・HASU
・KASAHARA NAOKO
・the SASS wear
・ROMANTICLOVE
・moffu
・井上モゾム(LIFRECORD)
・S.I.D.G
・BIG SPORE
・DOMITUNE
・Green Horse
・ERYCA
・valo
        and more...

〜film〜
・chai

〜つながりを知ろう〜

THE ATOMIC CAFE(TALK SESSION)

酵素作りワークショップ

体と食物のかかわり方

supported by 地球のうた/SPACE SAFARI/Round Table Recordings/ima/noon/弁天村/ENGRAM GRAPHIC/ちゃかぽこ洞/SLOW TIME


公式HP http://corefes.exblog.jp/
※子ども連れ家族も大歓迎!!!
Tags:#コアフェス #COMA-CHI #群馬
posted by 実行委員会 at 13:13| Comment(0) | 群馬県の原発情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: